簿記検定試験

社会人必携の資格として、毎年50万人以上が受験する試験です

日商簿記検定試験は日本商工会議所主催で、全国にて実施される検定試験です。検定試験実施級は3級・2級・1級に分かれており、年3回(1級は年2回)実施されます。受験資格はなく、誰でも受験することができます。
※エル・エーでは1級対策講座は実施しておりません。
受験資格 特にありません(年齢・性別・学歴等に関わらず、誰でも受験できます)。
試験日程 年3回実施(例年6月・11月・翌2月) ※1級は年2回実施
試験科目 3級…商業簿記
2級…商業簿記/工業簿記
1級…商業簿記/会計学/工業簿記/原価計算
試験時間 3級…2時間
2級…2時間
1級…3時間
願書配布時期 例年4月/9月/12月より配布
合格発表 3級・2級・・例年7月/12月/4月
合格基準 3級・2級・1級・・・100点満点で70点以上
(※1級は1科目でも10点以下があれば不合格)
詳しくは、日本商工会議所までお問い合わせください。
日本商工会議所 検定情報ダイヤル 03-5777-8600(検定情報ダイヤル)03-5777-8600
http://www.kentei.ne.jp/http://www.kentei.ne.jp/
2級受験状況・合格率推移
年度 受験申込者数 受験者数 合格者数 合格率
145(H29.2.26) 78,137名 60,238名 15,075名 25.0%
144(H28.11.20) 72,408名 56,530名 7,588名 13.4%
143(H28.6.12) 58,198名 44,364名 11,424名 25.8%
142(H28.2.28) 90,693名 70,402名 10,421名 14.8%
141(H27.11.15) 76,207名 59,801名 7,042名 11.8%
140(H27.6.14) 62,473名 47,480名 16,395名 34.5%
139(H27.2.22) 71,969名 55,225名 12,054名 21.8%
138(H26.11.16) 70,235名 54,188名 14,318名 26.4%
137(H26.6.8) 54,773名 40,330名 13,958名 34.6%
3級受験状況・合格率推移
年度 受験申込者数 受験者数 合格者数 合格率
145(H29.2.26) 105,356名 80,832名 38,289名 47.4%
144(H28.11.20) 120,096名 94,411名 42,558名 45.1%
143(H28.6.12) 106,558名 94,411名 28,705名 34.2%
142(H28.2.28) 114,940名 89,012名 23,701名 26.6%
141(H27.11.15) 107,928名 84,708名 22,094名 26.1%
140(H27.6.14) 102,252名 79,467名 41,910名 52.7%
139(H27.2.22) 102,450名 79,460名 42,990名 54.1%
138(H26.11.16) 110,602名 86,659名 33,363名 38.5%
137(H26.6.8) 101,574名 78,726名 37,824名 48.0%
簿記検定にはいくつか種類がありますが、その中でも代表的なものが日商簿記検定です。特に3級及び2級は人気が高く、通年での受験者数も数十万人単位になります。
合格率は実施回によって大きくばらつきがあり、3級は20~50%、2級も10%台~30%台と、捉えどころがありません。合格率が極端に低い実施回に当たった場合には、運次第と考える他無いようです。
学習期間は3級だけであれば2週間~2か月、2級であれば2か月~4か月程度が一般的です。会計系資格の中ではもちろん入門資格に該当します。税理士や会計士は、この簿記の知識がベースとしてなければ学習を始めることができません。
数字を扱う学習ですので、途中でアレルギーを起こして中断してしまうこともありますが、ルールがわかるとパズルのようにはまり出します。それまで根気強く問題を解いて行きましょう。