社会保険労務士の資格と仕事

社会保険労務士とは・・・

仕事イメージ
社会保険労務士とは、企業経営における4大要素「人・物・金・情報」のうち、最も重要と言える「人」に関する専門家です。具体的には、企業における人事・労務等の管理に関するコンサルティング、労働・社会保険に関する諸法令に基づいた書類の作成や、手続代行などを行います。つまり、会社(使用者)、労働者双方にとって、頼れるエキスパート、それが社会保険労務士なのです。

社会保険労務士のビジネスフィールド

社会保険労務士には、「独立」「企業内社労士」、また新しい形態として「社労士法人」など、その仕事のやり方には様々な選択肢があります。仕事の内容自体も、人事・労務に関する書類作成や手続代行といった従来の業務から、昨今多様化している雇用形態や経済情勢の複雑化などに伴いコンサルティング業務の幅も広がってきています。さらに、「特定社会保険労務士」※として労働関係紛争の紛争解決手続を代理することもできるようになり、社会保険労務士のビジネスフィールドはますます拡大しています。

※「特定社会保険労務士」となるためには「紛争解決手続代理試験」に合格する必要があります。
●1号業務
独占業務
1.労働社会保険諸法令に基づいて行政機関に提出する申請書類の作成
2.申請に関する各種手続の代行
3.事務代理(行政機関に対して依頼人の主張や説明を代理すること)
4.紛争解決手続代理業務(特定社会保険労務士のみ可能)
●2号業務
独占業務
労働社会保険諸法令に基づいて行う帳簿書類等の作成(就業規則・労働者名簿・賃金台帳等)
●3号業務 人事・労務に関する各種コンサルティング業務
山口講師
気ニナル
社会保険労務士の年収ってどのくらい?

社会保険労務士の年収は、500万円~800万円程度がボリュームゾーンです。平均年収は700万円弱程度のようです。
社会保険労務士は企業内勤務の有資格者も多く、総務や人事で採用されるのに有利です。企業内社労士との比較であれば、開業社労士のほうが平均年収は高くなるようですが、安定収入を目指すのであれば企業内勤務は魅力的と言えます。その点で、社会保険労務士は他の法律資格よりもメリットは大きいでしょう。
もちろん、自身で社労士法人を立ち上げて、成功すれば億単位の収入も目指せます。安定的から大きな収入まで、働き方が幅広く選択できる資格と言えます。